【旨い!1000円台ワイン】モンテス・アルファ ピノ・ノワール

裏切らないモンテス社!!

モンテス アルファピノ ノワール

前回のカベルネがとても美味しかったので、同シリーズ「モンテス・アルファ」のピノ・ノワールを購入。これはコスパ良し!!!ピノ・ノワールって数千円払ったフランス産でもイマイチってことも普通にあり得る品種だと思っていますが、これは繊細なのに、なんだかブレない安定感すら感じます。しかも1,000円台(約1,600円〜2,000円くらい)なのが嬉しくて泣ける・・・。モンテス・アルファシリーズはどれを選んでも、おいしくて末恐ろしい(笑)です。

エノテカさんのギフト仕様の包装。ワインレッドのリボンがオシャレですね!

 エノテカモンテスラッピング

チリのピノ・ノワールは濃い目

第一印象はイチゴの香り。その後フワリとチェリーの香りが漂ってきます。これは期待できる香りです〜。

色はフランス産と比較して濃い目。少し粘りがあり、「涙」と呼ばれる筋がグラスにしっかり。

モンテス アルファピノ ノワール涙

引き算のオシャレ

感想は、上品・気品。最初に、苦味と程よく控え目な酸味が舌の中盤から奥のほうに染み渡り、最後に喉のあたりに心地よく残る。繊細でバランスが良く、大変おいしい。余韻も長い。本場とニューワールドを比べちゃいけないのかもしれないけど、充分なヴォリュームがあり、この価格でこの味はフランス産ではナカナカ見つけられないんじゃないかな・・・と思う。

モンテス アルファピノ ノワール注ぎ中

先日飲んだ、コノスル 20バレルのピノ・ノワールも素晴らしかったのでチリワインおそるべし。両者を比べると、コノスル20バレルは華やかで少し甘め、モンテス・アルファは少し大人しくスタイリッシュな印象です。ゴテゴテしてなくてシンプルに着こなす、引き算のオシャレというのでしょうか・・・。この日はウッカリ、鳥のつくねを用意していたのですが、相性は悪くはないけど、もうひとつ違う感じ・・・。鴨肉のほうが良かったカモ〜。

繊細さを感じ取る粋

濃いぃバカだった私。ピノ・ノワールの繊細で美しい世界にようやく気が付きました。ボリュームが薄いぶん、自分で繊細さを感じ取っていける要素が魅力的。そして繊細さを感じ取るという粋がタマラン(笑)。変なたとえですが、関西ダシのように薄さの中に確かにある「味」ですね。そして確かにおいしい。デイリーワインから、ワイン好きの友人が来た時のワインとして重宝しそうです。おいしい鴨があれば尚いいカモ。

 

関連記事

Comments are closed.

シェア