高評価の梅酒を飲み比べ!百年梅酒vsチョーヤ梅酒エクセレント

百年梅酒について前にレビュー(評判の梅酒はうまい!)を書きましたが、とても美味しかったのでリピート注文しようとAmazonサイトへ。

でも、食いしん坊の私は「ちょと待てよ?他にも評判のいい梅酒があったりするのかな〜」と、梅酒一覧をチェック。すると、高評価でレビュー数が多い「チョーヤ梅酒エクセレント」というものが。なんと星4.9ですよ!?

梅酒飲み比べ1

うぅぅぅぅ〜ん!こっちも良さそうだなぁ〜!!!天下のチョーヤブランドだし。

ぐぬぬぅ。飲み比べてみたい!!!

こうなったら致し方ない!比較してみようじゃないか。

ということで「チョーヤ梅酒エクセレント」をポチりました!

早速、飲み比べした感想を書いていきます。

黄金色のチョーヤ、琥珀色の百年梅酒

左がチョーヤ梅酒エクセレント、右が百年梅酒です。

梅酒飲み比べ2

どちらもブランデー仕込みですが、色が全然ちがいますね。

チョーヤのほうは黄金色、百年梅酒はもっと濃くてあんず棒のような琥珀色。

正直、ほぼ同等品なんじゃないかと勝手に思っていたので、ここまでの違いに驚きました。

香りを嗅ぎ比べ

チョーヤ梅酒エクセレント

香りの強さ:★★★★

チョーヤ梅酒エクセレント

さわやかで濃厚な青梅の香り。お口いっぱいに甘く爽やかな香りが広がります。弾けるような若々しい梅の香りです。かたく青々とした立派な果実さえも彷彿させます。

ブランデー仕込みとのことですが、ブランデーはあまり感じません。あくまで梅の香りを引き立てるための脇役なのかな。フレッシュな梅の果実の魅力を引き出していますねー。

梅の香りがぷ〜んと、ふくよかに漂います。

——–

百年梅酒

香りの強さ★★★★★

百年梅酒

チョーヤと比較するとブランデーの香りがより強い!!

ですが梅の香りが消えているわけではなく、ほどよく果実と酒が馴染んで円熟味を帯びている感じです。

おいしく漬かっているなぁ〜!という感じです。熟成しているというか・・・。

口いっぱいに広がる、青梅の爽やかさとブランデーの深い香り。これが絶妙で!!!

単独で嗅ぐと鼻腔にチリチリとくるような濃厚な香りです。まさに芳醇。

梅酒の味を飲み比べ

チョーヤ梅酒エクセレント

味の好み★★★

チョーヤ梅酒エクセレント2

青梅のフレッシュな酸味と弾ける香りがお口の中いっぱいに広がります。特に苦味がすばらしくて、液に漬かっている梅の実をかじっているかのよう。

「こりゃ梅(うめぇ)〜!!」という臨場感が。・・・コホン!

ブランデーの風味は控えめです。

意外にもサラリとしていて、なんか上品できれいなお酒だなぁと思いました。

この味わいをちゃんと味わうには、味の淡白な白身魚の刺身や漬物なんかが合いそうな気がします。

——–

百年梅酒

味の好み★★★★★

百年梅酒2

口に流し込んだ時にトローリとした粘度を感じました。ワイン用語で言う「涙」という、粘りの基準となる筋がグラスについています。

液が体内を浸したところからボフーーーっと香りが立ち上るかのような濃厚さがいいですね。

まろやかで円熟味のある苦味。

梅のエキスとブランデーとがまったりと馴染んで、素晴らしいお酒に仕上がっています。甘くてとろ〜り。梅の熟成したエッセンスが本当においしいです。

5年以上熟成させて、まろやかな味に仕上げているとのこと

こちらは濃厚なので焼き鳥や煮魚なんかを肴に、チビチビとやったらおいしそうです。

総評は百年梅酒に軍配

梅酒飲み比べ3

チョーヤが若々しい魅力を出しているのに対し、百年梅酒は熟成のまろやかさが魅力でした。

競合品(同等品)かと思いきいや、両者の味はぜんぜんちがう!!

飲み比べて、どちらも素晴らしいお酒でしたが、個人的には百年梅酒の濃密な味わいに軍配が上がりました。

百年梅酒、あのとろ〜りとした円熟味のある味、そして風味を深める豪華なブランデーの風味がたまりません。

濃厚でとろ〜り芳醇なのが好きな方はぜひどうぞ!!おすすめです。

関連記事

Comments are closed.

シェア