妊娠初期の基礎体温が9週で下がってきた!でも大丈夫

9週でついに基礎体温が36度台に下がる

妊娠の特徴である、基礎体温の上昇にわ〜い!と喜んだものの、安定して37度を超えていた毎日から徐々に基礎体温が下がってきて・・・こわい!!!

赤ちゃんは無事なんだろうか(泣)!

と不安でいっぱいになりますよね。 私は8週から基礎体温が低下してきて、そりゃぁおそろしかったです。 ずっと37度台をキープしていた基礎体温が徐々に37度台ギリギリになり、9週目にはついに36度台に突入。さらにダラダラと下がってきていました。

焦ってネットで調べてみると「早い人で12週頃から下がり始める」と書いてあるけど、

私はまだ9週じゃないかーーー!!!!おいおいおい(泣)

このまま赤ちゃんが弱ってきて、お腹の中で死んじゃうんじゃないか・・・とまんじりともせず、通っているレディースクリニックにテレホリリンして状況を伝えました。

婦人科の先生に基礎体温の低下を相談

先生に状況を伝えると「だんだん下がってくるからね〜」。

で、お腹の中をエコーで見ると赤ちゃんの心臓がちゃんと動いていました!!!!!

おぉぉぉ!生きていたんか!大丈夫なんか!

先生「これからもだんだん下がってきます。なので、明日からはもう基礎体温は計らなくていいですよ。」

・・・

・・・

・・・

え?

毎回必ず「基礎体温表を持ってきてください」と言っている先生が、もう、いらないと言っている。

それはまるで

もう大丈夫なんだから、心配しなくていいんですよ。

なんの心配もないんですよ。

この子はちゃんと無事に育つんですよ。

という確信に満ちているようで(おぉゴッド!)、私も不安ではあったけど先生の言葉を信じて(というかズボラなので)翌日から基礎体温を計るのをやめたのでした。

基礎体温表

妊娠初期、基礎体温が下がっても大丈夫 すべての人に同じことが言えるわけではありませんが、こんな人もいるよ〜!ということで書いてみました。

なにしろ私の基礎体温が下がり始めた頃、ネットで調べても11週とか12週の人ばかりで、こんなに早く下がり始めたことが不安で仕方ありませんでした。

9週で下がっても大丈夫だった私みたいのもいます!!

その後、ありがたいことになんの問題もなく育ち、無事出産できましたよ。

迷惑かなぁ?でも病院で診てもらう

私は普段は小さなことで病院で診てもらうとか相談する、ということはしないタイプで

「こんなことでいちいち相談されたら先生も面倒だろうな〜。めんどくさい奴と思われたくないな〜。」

なんて、物分かりの良いふりをしちゃうんです。

そうです、いい子ぶりっ子です!!!

ですが、たとえ迷惑だと思われていようとも病院の先生は相談に乗ってくれて、そして安心をくれました。アドバイスもくれました。

なので!! 私のような遠慮がち(←笑うところです)な方も、ぜひぜひ病院に相談してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私が使っている婦人用体温計、テルモの「ウーマンドシー」は本当に使いやすくて、痒いところに手の届くオススメ品です。基礎体温表を毎日つけるのが面倒だったりサボりがちだったりするズボラさんにぴったりです。

ウーマンドシー

ウーマンドシーを使ってみての記事はこちら。

ちなみに!笑い話ですが寝るときに口を開けていたり、寝相で布団がちゃんとかかっていなかったりするだけで、体温は下がっていたりします(経験者)。なので、翌日はちゃんとして寝れば体温も回復していたりします。

8週から基礎体温が低下、9週で36度台になってもちゃんと赤ちゃんは育ってくれていました。誰かのお役に立てればと思って、書いてみました。

グッドラック!!

 

関連記事

Leave a Reply

シェア