実食&感想!スタバのホワイトチョコラティ クランブルココ

久々のスタバレビュー。今回頼んだのは「ホワイトチョコラティ クランブルココ」

行くたび新メニューが出てる感じで、回転早いですね。ついつい、戦略に乗って新メニューを頼んじゃいます。

それにしても、よく色々とアイデアが思いつくなぁ!

ホワイトチョコラティクランブルココ1-1

・・・すごく美味しそうじゃないか。

こうして私はまた、スタバの戦略にやすやすと釣られてたまるかぁぁぁぁ!と叫びながらも、結局はホイホイとお金を払ってしまうのでした。

チョコ派?ホワイトチョコ派?

迷いますよねー。どちらが正解か(おいしいか)?

で、スタバ的フレンドリートークによって店員さんの「個人的なオススメ」を聞いてみました。

答えは「ホワイトチョコ」

私も実はホワイトチョコのコクが好きなので、ワカルワカル。

というわけでホワイトチョコのほうをオーダー。

見た目もかわいい

ホワイトチョコラティクランブルココ2-1

真っ白なクリームの上にほらほら、ホワイトチョコのスライスが雪みたいに積もってます。その上にクラッシュアーモンドが散りばめられ。雪の上に星屑がスパークしているみたい。

かわいい。おしゃれ。

かきまぜ棒は必ずもらおう

はい。脂肪の塊です。

どやっ。

ホワイトチョコラティクランブルココ3-1

ホットです。

おや?思った以上にミルクミルクしているぞ?

その理由は、スタバなのにコーヒーが入っていないからなんですね。

これは・・・そうだ。

寒い日に外から帰ってきて飲む、あのホットミルクの味に似ちょるぞ?やさしくってクリーミィ。

良くも悪くも、コーヒーがないとスタバっぽさがないですね。でも、これはこれで、デザート感覚で私は好きですよっ!!!うんうん。おいしい。

アーモンドの香りと食感がたのしい

でも、家庭で作るホットミルクと異なるのは、アーモンドの食感と香りが楽しめること。

アーモンドはトップに散らした分だけではなく、ミルクの中にも入っていて、最初から最後までアーモンドを楽しむことができます。

香りも食感も十分。イケてる飲み物的な満足感を与えてくれるアーモンドがうれしい。

アーモンドが入るとオシャレニューヨーカーのホットミルクだぜぇぇ、かーちゃんのホットミルクとは違うんだぜぇぇって感じがします。

ホワイトチョコは最初に溶かす派?溶かさない派?

トップのホワイトチョコ。

これが不思議と、ホワイトチョコをミルクと一緒に飲むと、なぜか柑橘類のような、ドライオレンジのような香りがします!!!!

よく考えれば柑橘類は入っていないので、ホワイトチョコの香りなのですが、脳内で何かが変換されるんでしょうか。これがメチャおいしかったです。

最初にぐるぐるっとかき混ぜてしまうと、チョコが全体に溶けて香りが薄まってしまうので、まだチョコの形が残ったままぜひトライしてみてください!

え?柑橘類の香りがしない?

う〜ん。私の鼻がおかしかったということで、ごめんなさい・・・。だって、店員さんも柑橘類のような香りがするって言ってたし、私も「スゴーーーイ!」って思っちゃったんです…。

ミルク味好き、クリーム好きさんにオススメ

ミルク・生クリーム・ホワイトチョコというホワイティな飲み物なので、やさしいミルク味や生クリーム大好き星人だわよ!というトコトンなスイーツ派さんにはオススメです!

ちょっと甘めなので、食事の前だとお腹いっぱいになっちゃうかも。

あと!ホワイトチョコラティクランブルココの説明で「ケーキのような食感」とありますが、それはちょっと詐欺だろうと思うほどケーキの食感がありません。すみません、ここは正直にdisらせてもらいます。

店員さんの説明では「ビスコッティのようなものを細かく砕いて入れているので、それがケーキっぽさを感じさせる」ということだったので、超ワクワクしながら飲んだんですよ。

しかし…。

あれ?ビスコッティは?ないよなぁ?と、探しながら飲んでも見つからず。

飲み終わるころに、その意味がわかりました。

全部沈んどるやんけ!!!

ホワイトチョコラティクランブルココ-1

こりゃ〜ちょっといただけません。

たしかにビスコッティのクランブルは美味しかったけれども!

最後ゆえにこのビスケットの食感は、最後のちょっと冷めたミルクで味わうことになり、こればかりはとても残念です。

あ。かきまぜ棒で混ぜればよかったのか(゚O゚)\(- -;

というわけで、ホワイトチョコラティクランブルココを召し上がる時には、ぜひ、かきまぜ棒をもらって行ってくださいね。

おいしかったです!冬らしい、心身ともにホットになれるドリンクでした。

関連記事

Leave a Reply

シェア