【比較・感想】カミュVSレミーマルタン VSOPの3千円台ブランデー(コニャック)を飲み比べてみた


1年ほど前から、ブランデー(コニャック)の美味しさに目覚めた私です。

(※コニャックはブランデーの一部ですが、両者ともにコニャックなので、以下コニャックで統一します)

コニャックって嗜好品で、高いものは普通に数万円します。さすが、金持ちの悪人がシャム猫を抱いてクルクルするだけある・・・。

飲んでみたくても、手が出せません。

そこで庶民でも買える価格で、特に評判のいい「カミュVSOPエレガンス」と「レミーマルタンVSOP」(ともに市場価格で税抜き3,000円台)を飲み比べてみました。

%e3%82%b3%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af%e6%af%94%e8%bc%832

カミュエレガンスVSレミーマルタン飲み比べ!

カミュエレガンスもレミーマルタンどちらもコニャックの代表銘柄で、ランクはVSOPです。ちなみに「VSOP」っていうランクは、およそ7ランク(諸説ある)のなかの中間。

それでも十分においしい!

話が脱線しますが、「うなぎパイ VSOP」という商品はVSOPの芳醇さがパイとよく合い、かなりおいしいので、オススメです。

ゴールドなパッケージでVSOPの文字をピカーっとやるくらい、十分威光のあるランクです。

箱がかっこいい

左がカミュ、右がレミーマルタン。
箱がかっこイイイイイイ〜。ほれぼれします。デザインの教科書に載るレベル。ちょっとバブリーな雰囲気もありますね・・・!
%e3%82%b3%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af%e6%af%94%e8%bc%831

ボトルがかっこいい

左がカミュ、右がレミーマルタン。
カミュはコニャックの色も含めた造形美、レミーマルタンはコンサバで華やかですね。
シャム猫を抱いた悪人の部屋がよく似合うビジュアルです(笑)

%e3%82%b3%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af%e6%af%94%e8%bc%833

コニャックの色は若干異なる

カミュは黄色がかった琥珀色、レミーマルタンはやや褐色がかった琥珀色。

%e3%82%b3%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af%e6%af%94%e8%bc%83

フルーティなカミュ、熟成のレミーマルタン

ブランデーケーキを彷彿させる、芳醇なフルーティな香りが部屋じゅうに漂います。
香りはどちらも大変よく似ていて、当たり前ですがブランデーそのものです。

アルコール度数が高いぶん、近くで嗅ぐとむせるほどの刺激があり、これだけで酔いそう・・・。

強いて違いを探せば、
カミュの方がややフルーティで親しみやすくて、
レミーマルタンはちょっと硬派というか・・・フルーティーさよりは黒糖やラム酒といった、「甘さ」よりも「熟成」の香りがします。

ただ、グラスからすこし離れて嗅ぐと、どちらからも桃のまろやかな香りがします。

カミュは熟れた桃、レミーマルタンは桃は桃でも、熟れて少し発酵が進んだ桃を彷彿させました。

カミュVSOPエレガンスの感想

アタックはサラリとしていますが、やがて口いっぱいに香りが花開きます。
甘みを感じたその瞬間に、苦味とピリピリとした刺激が同時に感じられ、そこからの香りの一斉開花といったら、「これぞコニャック!」という感じです。

%e3%82%ab%e3%83%9f%e3%83%a5vsop%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%b9
余韻の香りの中に、桃やレーズン、パイナップルなどのまろやかな香りが長く留まります。
フルーツの魅力を凝縮したような香りは、コニャック地方の太陽と大地の恵み・・・。
特に、桃のグランマルニエのような香りが秀逸です。

レミーマルタンVSOPの感想

カミュ同様にアタックは軽やか。

甘さと苦味とピリっとした刺激が同時に感じられた次の瞬間にもう、口の中は一気に開いた香りでいっぱいになります。
香り比較では硬派に感じられたレミーマルタンですが、実際に飲んだ時の香りの開き度でいえば、こちらに軍配が上がります。まろやかでフルーティです!

%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%b3vsop
苦味はマイルドで、ピリッとした刺激もまろやか。
香りの余韻は桃やレーズンなどの完熟したドライフルーツの香り・・・。トロリとしたグランマニエや、ドライフルーツがどっさりと入った、パウンドケーキを彷彿させます。

香りの開花には華やかさがあり、余韻も長いです。

すべてがまろやかに調和し、熟成のうまみを感じられる逸品でした。

カミュVSレミーマルタンの勝負結果

個人的にはレミーマルタン押しです。
勝因はレミーマルタンの「熟成」、これに尽きます。

%e3%82%b3%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af%e6%af%94%e8%bc%834
味と香りの「調和感」はレミーマルタンが一頭抜きん出ていました。
とはいえ、これは個人の好みでしかないくらいに、どちらも素晴らしいコニャックで、私も気分や体調によってはカミュのほうを好む日もあるかもしれません。
深くてマイルドなレミーマルタン、やや軽くてフルーティなカミュ、という印象です。
飲み比べると、特長がわかりやすくっていいですね。
どちらも、価格的にも味的にも初心者にオススメです!買う時の参考になさってくださいね。

Amazon、楽天でのレビュー評価も高いので、こちらもご参考に。

それではまた!!

——

Leave a Reply

シェア