【詳細レポート★ロブションのアイス】をセブンイレブンで!全味制覇の感想

いや〜・・・。ジョエル・ロブション(三ツ星レストラン=超高級)のアイスクリームがまさか、自宅で食べられるとは。セブンイレブンで発売されています。

ひとつ300円(税込)。高っ!

だがしかし。

ロブションですよっ。

↓(写真:一棟まるまるロブションレストランという豪華さ。ずっと観光用のハリボテ城だと思ってた・笑)

photo by DocChewbacca
あんなにお高くて高級でラグジュアリーなレストランのアイスがコンビニで買えるなんて、ありがたやなのです。

味は2種類。どっちを買うべきか。

両方買いました。オトナ買い。といっても、そもそも2種類しかない(笑)。

「ジョエル・ロブション ショコラ ~オレンジと練乳のソースで~」

「ジョエル・ロブション ストロベリー ~タヒチ産バニラとホワイトチョコで~」

長っ(笑)。

さすが高級レストランなネーミングです。

なのに、それを食べるときの自分のファッションが泣けました。

よれたパジャマにメガネに、アイスで冷えるからそこらへんにあった上着を羽織り・・・

ダサイ!!!!!

そんな私のスタイルもロブション流に言えば↓

よれよれパジャマ・メガネ〜そこらへんの上着を乗せて〜(違)

その庶民的な侘しさと、ロブションの高級感のコントラストが激しすぎて、

侘しさがいっそう募りました。

で、どんな味かって?本音トークで詳細に書いていきますよ!

ショコラ・オレンジの感想

開封すると、霜けてる(笑)。ロブションでも霜けるのか・・・。なんか残念。

表面のつぶつぶ。これは何でしょうか?(答え:オレンジピールとナッツ系の何かです)

ぱくっ。

中は均一なチョコレート色です。

トロトロ・・・ちょっと舌の上で溶かします。

おぉぉぉぉ!これはなかなかに素晴らしいクオリティのショコラじゃないですか!

チョコではなく、

ショ・コ・ラ

という響きがぴったりのドライで土っぽく芳醇なカカオに心踊ります。

美味しいチョコレートを比較・研究したせいで、いいチョコの味がわかるようになってきましたからね。ピーン!と来ましたよっ。

ハイ、自画自賛〜。ハイ、調子に乗りすぎ〜。ハイ、後で恥ずかしくなるパターン〜。

・・・いいんです。

とにかく「最高級レベルにちゃんとしてるカカオ」です(と私は思いました)。

すんごい美味しいです。甘すぎず、ビターすぎず、濃厚で上品。

ちなみにこの時点で、すでに

「このアイスは300円の価値あるわ・・・アンタたちの勝ちだわ・・・く・・土下・・・座・・(←半沢直樹の大和田常務を連想してください)」

と思いました。

で、オレンジの風味は2段階構造ですよ。

第1構造:ショコラアイスに練りこまれたオレンジフレーバー

例えて言うなら、スタバのフレーバーシロップのように液体(?)に均一なタイプです。で、このオレンジフレーバーがやや控え目なのがイイ!

なぜなら、味が2段階構造で楽しめるから。

前半はチョコの美味しさ→後半〜フィニッシュにかけてオレンジの風味が開花。

このおかげで、チョコの美味しさが引き立っているし、時間差で2つの味が楽しめます。

第2構造:オレンジピールで香り爆弾

あの表面のつぶつぶのオレンジピールが、口の中で砕けたとき、とてつもなく素晴らしい香りがします。

オレンジピールならではの、ギュッと凝縮した芳醇な香り。

一粒はとても小さいのに、香りが爆発するする・・・。

お口の中を宇宙に例えると(←いきなり)、

オレンジピールは爆発と衝突を繰り返す、膨大なエネルギーを持った星たちです。←ポエムだねぇ・・・。

もう・・・高級専門店の味ですよ。

一箱3,000円くらいする人気店の高級オランジェット(オレンジピールのビターチョコがけ)を、ありありと彷彿させました。

ショコラ・オレンジまとめ

チョコの品質がとにかく高い!

チョコレート専門店でもないのに、一体どこで仕入れてるの!?レベルです。GODIVAにだって負けなさそうです。

オレンジピールが砕けた時のチョコとのマッチングはもう・・・高級オランジェット。

生意気にも、ロブションで食事したことがありまして

「美味しいだけでなく驚きや多重的な仕掛けのあるエンタメ感=ロブションの栄光と輝き」

だと感動したことを思い出しました。

ストロベリー・タヒチ産バニラの感想

イチゴのつぶつぶがついてます。味はこの時点で未知数。

ぱくっ。

正直、普通のアイスだよ。ちょっと肩透かしだよ。

・・・と、思ったら

イチゴが本物の味〜〜〜!!

ドライストロベリー(宇宙食みたいな笑)が、本物の甘酸っぱさで攻めて来ます。

ツンとくるイチゴの酸味や香りや果肉感が、ドライなのにリアルで美味しい。

一般のドライストロベリーより格上です。

ところどころ、おっきなイチゴのかたまりがあるのが嬉しいのですが、なんせガチガチに冷凍されているので

なんせ固い・割れない・歯が寒い(笑)。

↓(写真:美味しいけど、寒い!寒がりな私は、見てるだけで鳥肌が立ちます)

お口の中で溶かすのもちょっと大変です。

でもこのかたまりが、果汁と果肉を多量に含んでいて、とても美味しいです。

まんべんなく大量イチゴだよ

外側のツブツブだけではなく、内側も惜しげなく大量のドライストロベリーが入っています。

どこを食べてもイチゴ。

狙って食べなくてもイチゴ(嬉)。

金に糸目をつけず、イチゴ(笑)。

ベリーだけに、ベリーぜいたくです(これいかに?←得意げ)。

ストロベリー・タヒチ産バニラまとめ

お金に困っていない、ブルジョワな貴婦人のアイスです。

ほほほ、おいしゅうございますわね、お嬢。

ドライストロベリーは凝縮感があり、上品で、上流階級の人がコース料理の「お口なおし」に使いそうなフレッシュ感があります。

が、正直、タヒチ産バニラ味は私には分かりにくい高級感でした。

ごめんなさいっ!

いや・・・たいへん美味しいのですが、同じ300円路線なら、バニラならハーゲン○ッツ様がやっぱり、素直に分かりやすい味な気がします。正直。

セブンイレブンのロブションアイスまとめ

さすが三ツ星レストラン。

贅沢on贅沢。

グルメなオトナが愉しむ、そんなアイスです。

素材の素晴らしさはもちろんのこと、時間差でいくつもの味が押し寄せる仕掛けが散りばめられ。

繊細かつ、大胆。そして計算された多重的な味。

食の世界は奥深い・・・と思った逸品でした。

個人的には、オレンジ・ショコラがおすすめですっ。

それではまたっ!

関連記事

Leave a Reply

シェア